News&Topics

北国からの贈り物 最新のお知らせ

HomeHome > EVENT > 「真夏の北海道マルシェ」十勝ハーブ牛 ローストビーフとコンビーフの試食
EVENT

「真夏の北海道マルシェ」十勝ハーブ牛 ローストビーフとコンビーフの試食


【8/22「真夏の北海道マルシェ」で「十勝ハーブ牛 ローストビーフとコンビーフ」の試食を行いました!】

 

◆東京六本木エリアで北海道ブランド「十勝ハーブ牛」をPR

2009年から農林水産省の支援により全国8都市で始まった都市住民参加型の市場「マルシェジャポン」。そのマルシェジャポンの六本木会場となる東京都港区赤坂のアーク・カラヤン広場では、毎週土曜日、「ヒルズマルシェ」が開催されています。大使館、国際的ホテルがたくさん立地するため、外国人ファミリーの姿も多く、インターナショナルな雰囲気漂うマルシェとなっています。
11880525_965388290191814_3799578211469280628_n

▲「マルシェジャポン」六本木会場のアークヒルズ カラヤン広場「ヒルズマルシェ」

 

「北国からの贈り物」では、消費者嗜好の把握や市場ニーズ調査等を通じた新商品の開発やブランド化を図るため、8月22日(土)に、この「ヒルズマルシェ」で行われた株式会社DKdoプロデュース「真夏の北海道マルシェ」内のブースで「十勝ハーブ牛 ローストビーフとコンビーフ」の試食会を行いました。

11960140_965388863525090_6068798696923462178_n
▲「北国からの贈り物」代表の加藤敏明

 

北海道の大自然が育んだブランド「十勝ハーブ牛」の美味しさを味わおうと、試食会はたくさんの方でにぎわいました。

11903749_965388666858443_6327212376582932299_n

▲試食のお皿を並べると、たちまち人が集まります。北海道ブランドの人気の高さもうかがえます

 

◆北海道の大自然と愛情が育んだ「十勝ハーブ牛」

「十勝ハーブ牛」は、十勝でも比較的涼しい上士幌町で牧場を経営する株式会社ノベルズが育てた黒毛和牛とホルスタインから生まれた国産牛です。澄んだ空気の中、大雪山系の伏流水を存分に飲み、17種類のハーブを混ぜたエサをたくさん食べた牛は、元気で健康的に育ちます。
上士幌町
▲十勝でも比較的涼しい上士幌町は、暑さに弱い牛たちにとって夏場の暑さが軽減されるので最適な環境

 

通常の飼養方法よりも1年ほど長くかけてのんびりと、そして、沢山の人手と愛情をかけて家族のように大切に育てます。北海道産などの最高品質の牧草・藁、17種類のハーブを混ぜたエサをたくさん食べた牛は、元気で健康的な牛になります。こうして「十勝ハーブ牛」は赤身の美味しさが秀逸な逸品へと仕上げられていくのです。

 

 

 

◆17種類のハーブで育てた国産牛は、やわらかくてジューシー

ハーブは「消化器官活性」や「安らぎ」「滋養強壮」「ストレス軽減」など、様々な効能が期待できるといわれています。

ha-bu
▲アニス、カシアス、シナモン、セロリ、ジンジャー、タイム、ラベンダーなどの17種類のハーブを混ぜています

 

人間同様、牛もハーブ入りのエサをたくさん食べることで、食欲を増進。元気にたくさん食べるようになり健康的に育ちます。また、免疫力が高まり、安心で安全なお肉となるわけです。肉の味わいも、臭みが感じられず、旨味が深くなります。

 

◆「十勝ハーブ牛」ローストビーフの赤身の底力

ローストビーフは、きめが細かく、お肉の舌触りがとってもしっとりとして、味わい深い赤身肉。

552-k-P1130043
▲牛肉独特の臭みはなく、牛肉本来の美味しさが口いっぱいに広がります

 

「赤身なのにこんなに柔らかいなんて!」といった声を多数いただきました。それもそのはず、きめ細かく口どけの良いところが評価され、「2015料理王国100選」に選ばれています。

◆“コンビーフ”の概念が変わる一缶

コンビーフには、端材肉などを使わず、ネックとスネ肉を厳選している贅沢な一缶となっています。肉の繊維が太く、食べごたえがあるので、コンビーフの概念が変わることでしょう。

また、発色剤を使わない無塩漬のため、肉本来の自然な色と風味が活かされており、煮込んだ肉に近い味わいです。
552-k-P113050
▲クラッカーにのせて試食してもらいました

そして、化学調味料を一切使用せず、「塩」と「十勝ハーブ牛」のみで作っているのが最大のこだわり。

化学調味料を使っていないので、お子さんにも安心して食べてもらえるのも嬉しいですね。試食では2歳のお子さんがたくさん食べていたのがとても印象的でした。

552-k-P1130437
▲「コンビーフは苦手だけど、これは美味しい!」とコンビーフの概念が変わったという方が、何人も!

 

今、こちらをお読みの方も、一度、口にすると、「十勝ハーブ牛」のコンビーフが好きになるかもしれませんよ!

 

 

十勝ハーブ牛の生産者、株式会社ノベルズの延与猛さんもマルシェブースに駆けつけ、試食のお客様への説明に大忙し!

美味しいものについては、皆さん、知的好奇心旺盛になります。
11892194_965388586858451_4856609964163780721_n
▲「十勝ハーブ牛」生産者、株式会社ノベルズの延与猛さん

 

昨今のヘルシー志向から、「牛肉は霜降り」の時代から「牛肉は赤身」時代へと移行しています。

赤身なのにこれほどまでにやわらかく、滑らかな口当たりは、感動を生むに違いありません。

 

北海道の大自然と愛情が育んだ「十勝ハーブ牛」は、北海道が誇るヘルシーなブランド牛として、国内はもちろん、海外でも親しまれることでしょう。

 

・十勝ハーブ牛ローストビーフ200g(タレ、西洋わさび付) 2160円(税込)

・十勝ハーブ牛コンビーフ95g   1080円(税込)

気になる方はこちらから↓

■「十勝ハーブ牛」商品ページ:http://www.kitaguni-net.com/item/item.php?item_base_id=4736

■「北国からの贈り物」HP:http://www.kitaguni-net.com/